Untitled

にっくりん

愛馬の紹介(owner様より)

“Mr.ニック”、競馬時代の名は “ミカゲヤマテ”。 1986年(昭和61)5月15日、
北海道 門別町で、父 ア-ティアス(米)と母ショウエイニシキから生まれた、鹿毛のサラブレットです。 5歳で私(オーナー)と出会いました。 愛称は “にっくりん”。名前の由来 ”MR.Nickは、サンタクロースの愛称らしい”。
 しっぽの毛は量も多く、真っすぐでとても綺麗でした。 食欲旺盛で、飼い付けやいつも人参をくれる人の気配で、舌を出してベロベロと動かす変な癖は、ちょっとした愛嬌でした。 
性格は、強気の所もあるけれど“あかんたれ(大阪弁)で淋しがり屋”。 子供や犬達に優しく、愛犬グイン(秋田犬)とも仲良しで、何よりも私を笑顔にさせてくれる馬でした。
 18歳で障碍馬を引退し白老で過ごしていましたが、2010年9月12日に天国へ旅立ちました。 艶も好く若々しい姿で、綺麗な顔立ちでした。 (享年24歳)。

牧場より

ニックはとても真面目で、人に気遣いをしてくれる仔でした。時々見せるひょうきんな表情に私達も和まされていました。
私達のところへ入厩して1年弱、血液の病気と向き合いながら、静かに余生を終えました。ニックは本当に”辛さ”をじっとこらえている様子で、最期の最期まで人に辛さをぶつける(甘えてくる)事無く亡くなりました。新天地(この早来)に一緒に移動することを望んでいただけに直前で亡くなり、寂しさが強く残りました。
養老馬牧場について、勉強中の頃に白老で出会ったニックとオーナーの寺山さん。いつしか牧場創りを夢みている時からずっと応援して頂いていた。人も犬も家族皆お世話になりました。
何より、寺山さんのニックといる時の笑顔は、その瞬間でしかない素敵な笑顔でした。
私達はこの『笑顔』を牧場を創っていく上での『幸せ』と感じ、頑張る励みになりました。
寺山さんからもニックからも教えて頂いた事は多く、心より感謝しております。

馬名:ミスターニック サラブレッド セン馬  鹿毛  1986年生                                 2009年養老入厩  2010年永眠(享年24歳)

2009_1007_125752-IMG_1914.JPG
2009_1005_140348-IMG_1850.JPG2009_1014_080415-IMG_1979.JPG2009_1018_133426-IMG_2013.JPG
2010_0124_134900-P1010035.JPG2010_0516_132013-IMG_4975.JPG2010_0731_151207-IMG_5826.JPG

LinkIconアルバム白老の頃

クリックすると拡大します。